はじめに(基礎編1)

2. 病巣中に出現する炎症細胞や炎症要素 ⅰ


[図8]

感染症診断のためにグラム染色を活用するには、細菌以上に標本中に出現する細胞(図)やフィブリンなどの炎症反応を捉えることが重要であり、感染病巣における菌の役割を説明することによって始めて感染症が診断できることになります。

1-0-5