第1章:グラム染色の基礎知識

3. 汎用されているグラム染色法の種類と特徴
1)各種染色法の組成と特徴

  Hucker変法 Bartholomew & Mittwer変法 フェイバー法
初期染色液 クリスタル紫
シュウ酸アンモニウム
クリスタル紫
炭酸水素ナトリウム
ビクトリア青
媒染剤 ヨウ素・ヨウ化カリウム ヨウ素・水酸化ナトリウム 20%ピクリン酸ナトリウム
脱色・分別剤 95%エタノール アセトン・エタノール
後染色液 サフラニン液 パイフェル液 パイフェル液
特徴 インフルエンザ菌等が難染性
細胞の染まりがきれい
エタノールでは分別が難しい
GNRの難染性を改善
脱色・分別が容易
後染色液により陽性菌が陰性化
媒染と脱色・分別がワンステップ
標本にムラが出来やすい

[表1]

この表は現在よく用いられているグラム染色法の一覧です。何れの方法にも長所、短所があり、手引書の手順通りに染めれば、誰でも常にうまく染まるというものではなく、他の染色法同様に工夫や熟練が必要です。

1-1-7