第3章:標本の作製法

1. 検体採取時の注意点
2)不純物を混入させない

グラム染色は、患者様の患部から取り出された質の異なる様々な検体を標本にし、顕微鏡を使い観察する検査です。

感染病巣を顕微鏡を介し直接観察して、病巣そのものである検体の異常性を捉えるため、可能な限り病巣を壊さない方法で標本作製すべきです。

従って、以下の点に注意が必要です。

1)検体に外部から細菌などの不純物を混入させない

2)検体を構成するあらゆる要素を物理的、化学的および細菌学的に変質させない。

3)検体採取にあたり、汚染が必ず起きる場合は、検査前に適切な方法で汚染を浄化し、病巣に近い状態に戻す。

1-3-4