第5章:細菌同定を目的とした塗抹標本の観察法

1 .生標本の作り方、観察法
2)標本作製法




[図57]


細菌同定のための標本の作り方をイラストを使い説明しましょう。
まず、スライドグラスかカバーグラスの何れかに水滴を載せます。
次に、鑑別が必要な集落の一部をかき取り、その水滴に浮遊させます。
カバーグラスに水滴を付けた場合は、菌を懸濁した水滴部を下にしてスライドグラスに載せます。

2-5-4